地図編集者

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

どの範囲を取り込むのか、どの都市を拡大して紹介するのかなどを考えながら、地図の企画、制作を行う。地図は何代にもわたって作りかえられているものが多いため、定番の商品の中身を時代に合わせて変えていくことがほとんどという。実際に現地をくまなく歩いて地図の経年変化を確認する「実踏調査」という仕事もあるが、この場合フリーで仕事をしている個人に外注することがほとんど。特別な資格は必要ないが、当然地理的な予備知識があるほうが有利で、地図が好きで地図や時刻表などを見て空間をイメージできる人が向いている。ここ数年のカーナビなどの技術革新は目覚ましいが、卓上での打ち合わせなど、紙地図ならではの特性が必要とされる場面は多く存在し、しばらくは安定した需要が見込まれる。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!