フードスタイリスト

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

雑誌の料理ページや料理本、テレビの料理番組などで、料理がおいしそうに見えるようにテーブル周りや背景の演出をする。具体的にはイメージに合う食器類やクロス、小物や花などを準備してテーブルセッティングする。さらに、ビールの泡や料理の湯気を作りだしたり、料理の素材そのものにも工夫を凝らす。スタジオ内で働くことが多いが、戸外やイベントなどでディスプレイする場合もある。フードスタイリングのコースがある料理専門学校やスクールなどで学んだ後、プロのアシスタントとして働きはじめる人が多い。料理雑誌の編集者、インテリアやファッションのスタイリストから転身する人もいる。センスがものをいう世界で、鮮度のいい感性を持った人が求められる。

「フードスタイリスト」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!