アパレルメーカーで働く

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

アパレルメーカーには、洋服やアクセサリー、靴や帽子、素材となるテキスタイルをつくり出す「デザイン・制作部門」、デザイナーと連携をとりながら商品を売るための戦略をたてる「企画・管理部門」、でき上がった商品を消費者に販売する「販売部門」がある。それぞれの仕事内容は以下の通り。

デザイン・制作部門

デザイナー

流行や消費動向、ブランドイメージなどをもとに、洋服やアクセサリー、テキスタイルなどをデザインする

パタンナー

デザイナーが描いたデザイン画を型紙(パターン)にする

マーカー

パタンナーが作ったマスターパターンをもとに、布地に型をいれる

グレーダー

各サイズ別の型紙をつくる

カッター

型紙にそって、布を裁断する

ソーイングスタッフ

布を縫製して、立体的な作品を縫い上げる

ヒューマンエンジニア

スポーツウェア、下着などをデザインする場合、人間工学的な観点からの考慮を加える

企画・管理部門

マーチャンダイザー

企画からデザイン、生産、販売まで全体を把握し、商品の品揃えをする

ディストリビューター

バイヤーやマーチャンダイザーが集めてきた商品を各店舗に配分する

ビジュアルマーチャンダイザー

わかりやすく、見やすく、選びやすく、美しくかつ印象的に、商品のディスプレイやプレゼンテーションを考える

セールスマネージャー

制作した商品を販売するために、営業活動をする

プロダクトマネージャー

商品の品質を維持しながら、原価・行程の管理を行い、より効率的な手順を考える

マーケティングディレクター

マーケットや消費者の動向を調査・分析し、自社の戦略に反映する

販売部門

ファッションアドバイザー

店舗で、接客および商品の販売を行う

ショップマスター/ショップマネージャー

店長。各店舗の経営責任者

バイヤー

買い付け・商品仕入れを担当する

セールスインストラクター

社員や販売員の教育・指導を担当する

ストアプランナー

ブランドや店の個性にあった店舗づくり、サービス、ディスプレイを考慮する

プレス

雑誌やテレビなどマスコミに商品をPRし、商品の貸し出しなどを行う

一見とても華やかに見えるアパレル業界だが、実は毎日の仕事はとても地味なものだ。また好況・不況の風を直接受ける業界でもあり、最近では中国や韓国からの輸入増加によって打撃を受けている。まずこうした厳しい現実を頭においておきたい。アパレルの仕事の基本は、衣服を着る人への思いやりと衣服への愛情。そのうえで、オリジナルな創造性、自分のアイデアを現実のものにできる知識と技術、構成力がある人材が求められる。またいろいろな職種のスタッフが共同で作業を行うため、コミュニケーション力や協調性、豊富な人脈、プレゼンテーション力、積極的な行動力なども必要だ。またファッションも国際化の時代。海外留学でファッションを学んだり、海外や外資系のアパレルメーカーで働く人も少なくない。英語やフランス語、イタリア語など、語学力を磨いておくと、いずれ武器になる。

大手アパレルの総合職でも30歳で年収600万円に満たないことも。デザイナー(契約社員)で年収400万円前後(※1)。ちなみに、総合アパレル大手のオンワード樫山の平均年収は、平均年齢43.8歳で753万円。三陽商会は同40.1歳で709万円。(※2)

※1『業界図鑑2006』実業之日本社よりp240
※2『就職四季報2007年版』東洋経済新報社よりp221、598

服飾関係の専門学校や大学で専門技能を磨いたのちアパレルメーカーのデザイン・制作部門などに就職します。また、大学・短大などを卒業して企画・管理・営業部門などに就職します。必ずしも希望する部署に配属されるとは限りませんが、最近は職種別採用を導入する企業も多くなり、本人の特性や技能がいかされる機会が増えてきました。

アパレルとは既製服のこと。その企画・製造・卸しを行う会社をアパレルメーカーといい、完成品はデパートや量販店などで販売されます。不況や中国製品の台頭などマイナス要因も大きいアパレル業界ですが、一方で、近年はSPAという形態が好調。これは、自社ブランド(プライベートブランド)による企画・製造・小売を一貫して行うことで、GAPやユニクロのように多店舗展開していることが普通です。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!