理容師

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

理容師は主にヘアカットやシャンプー、パーマ、顔そり、マッサージなどの技術を行う。さらにヘアカラー、エステ、ネイル、メイクなど理容の業務範囲は広がっており、各方面で活躍する理容師が増えている。女性理容師も少なくない。また理容業界では、髪の健康管理のスペシャリストとして「ヘア・カウンセラー」、介護の要素も取り入れた「ケア理容師」等の資格制度も整えている。早くから高齢化社会を視野に入れた取り組みを始めているようだ。理容師は国家資格なので、免許を取得しなければならない。理容師専門学校(2年間・通信教育は3年間)卒業後、(財)理容師美容師試験研修センターが行う国家試験(筆記および実技)を受験し、合格すると厚生労働大臣の免許証がもらえる。免許を取得したら、理容店で働くことになるが、定年がないので現役期間が長く、一生の仕事として考えられる。世界的に理容師の数は減少しているという声もあるが、日本には理容・美容の枠を越えて活躍する若い理容師もいるようだ。隔年ごとに開催されるヘアワールド(世界理容美容技術選手権大会)では、若い理容師で編成される「理容日本代表チーム」が、常に上位3位以内に入っている。日本の理容師は、今後も、その優れた技術力と感性を生かして“世界の檜舞台”で活躍することが期待されている。

<< 編集部の職業解説 >>

理容師とは、頭髪のカット(刈り込み)やシェービングなどの行為により容姿を整える業務を行う国家資格取得者のこと。理容師の主な仕事は、散髪・洗髪・シェービング・頭皮ケア等の施術。理容業務の中でもシェービングは理容師に特化した業務であり、剃刀を使っての施術は、理容師資格を取得した者のみに限定されている。近年は、レディースシェービングの拡大により、女性理容師の需要も増えている。

2003年度末時点で、全国に14万130軒の理容所があり、25万1981人が理容師として働いている。ちなみに、美容所は全国に21万795軒あり、美容師として働いている人は39万4478人(※1)。

※1「平成15年 衛生行政業務報告例」厚生労働省より

◆民間で働く理容・美容師(調査時平均年齢27.7歳)の現金給与月額は23万3500円、推定平均年収は296万円。(※1)

※1『賃金構造基本統計調査 平成16年』厚生労働省より推計

理容師として働くためには、「理容師」という国家資格を取得する必要がある。
資格を取得するためには、高等学校を卒業後、理容師養成施設(理容学校)で理容師になるための専門教育(昼間課程の場合は2年)を受ける。
中学校卒業でも、一定の要件に該当すれば、当分の間、理容学校に入学することができる。
理容学校は、全国に百数十校(2010年7月現在)ある。
卒業後、国家試験である理容師試験に合格すると、厚生労働大臣から理容師免許状が与えられ、理容師の仕事ができるようになる。

2003年の理容師免許新規登録件数は3287件。1999年は6092件。(※1)
※1 理容師美容師試験研修センター ホームページより

免許取得当初は、理容室へ就職して経験を積むことから始まる。実績を積めば個人で理容室を開業して活躍することも可能。

13hwに登録されている「仕事白書」から「理容師」に関連する白書をPICK UP!

日本には、ヘア・スタイル技術競技の世界大会で優勝した世界一の理容師がいる。君も努力次第で、ヘア・ファッション界のリーダー、世界一の理容師にもなれる。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!