能面・神楽(かぐら)面

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

能面・神楽(かぐら)面能面は能楽の芸術性を盛り込んだ様式が、桃山時代にほぼ完成された。その数はざっと200種類はあるという。ちなみにこれは、神、男、女、狂(きょう)、鬼に大きく分けることができる。以後「本面写し」という、既成の能面を模写する方法で制作されるようになった。これは独創が許されなくなったということである。そのため、民俗芸能の神楽のために独創性のある面が作られるようになったという。

産地:現在は産地を形成しての生産というより、個人・会社が制作している状況。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!