傭兵(ようへい)

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

傭兵(ようへい)外国の軍隊に雇われて働く兵士。フランスの外人部隊が世界的によく知られている。フランス外人部隊の場合、20歳から40歳の男子で、国籍は問われない。偽名での申し込みも可能だが、指紋でインターポール・国際警察に手配されていないかチェックされる。もちろん犯罪者が紛れ込むのを防ぐためだ。訓練は過酷をきわめ、フランス語のトレーニングもある。武器の扱いを覚えるために日本の暴力団員が応募することがあるらしいが、たいていはフランス語のトレーニングに付いていけずに挫折するという。拷問を受けたり、重傷を負ったり、死んだりしてもいっさい文句は言わない、というようなことが記してある契約書にサインしたのちに入隊する。フランス軍の海外出兵時に、先兵として投入される。近年は、アフリカの紛争・内乱への参加が多く、多くの傭兵が、部族間抗争に巻き込まれ、目をくりぬかれたり、耳をそぎ落とされたり、性器を切り落とされたり、内臓をライオンやはげたかに食べさせられたり、残忍な方法で拷問されたあと、殺されている。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!