アートセラピスト

<< 編集部の職業解説 >>

絵画や造形などの芸術活動を通して、心のケアをサポートする。アートセラピーは芸術療法とも言われ、言葉を使わずに、絵画や造形に触れながら、自分の感情や感性を自由に表現していくという心理療法のひとつ。精神科医や臨床心理士などが治療に取り入れているが、専門のアートセラピストは少ないのが現状だ。子どもから高齢者まで、また精神に障害のある人からほんの少しストレスを感じている人までニーズは幅広く、絵画教室、幼稚園、老人ホームなどアートセラピストが活躍できる場も増えつつある。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!