アートディレクター

<< 編集部の職業解説 >>

新聞・雑誌広告やポスター、パンフレットなどのグラフィック広告の企画から関わり、写真やイラストの選別、コピー文字の決定から、カメラマン・モデルなどの人選まで、ビジュアル面の総監修を務めるのがアートディレクター。グラフィック広告は、美しいビジュアルデザインとして優れているという美術的な価値と、見ている人にちゃんと伝わり、広告として優れているという機能的な価値を兼ね備えていなければならない。グラフィックデザインの知識・技術・経験がなければできない仕事なので、グラフィックデザイナーとして実績があり、経験を積んだベテランが起用されるケースが多い。もちろんベテランといえども、新鮮で鋭い感性が不可欠な仕事だ。

アートディレクターの収入は手掛ける仕事によって大きく異なる。

「アートディレクター」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!