音響設計士

<< 編集部の職業解説 >>

音響設計とは、音楽施設などの使用目的に合った音と響きを設計する仕事。施設の形状や使用されている建材などを考慮し、楽器の音色や歌声が理想的なバランスで響くように音響を物理的に分析し設計する。コンサートホールやライブハウスなどの音響設計からオーディオ機器の設計、さらには映画やDVDのサラウンド音場設計まで活躍できる場も多い。音響工学や音響設計の知識はもちろん、音楽の知識や楽器の演奏経験も必要とされる。

「音響設計士」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!