ケアマネージャー

<< 編集部の職業解説 >>

要介護者やその家族からの相談に応じ、その要介護者にとって、どのような介護が一番よいのかを考え、ケアプランを作成して要介護者と介護サービスの仲介を行うのがケアマネージャーの仕事。市町村の委託により要介護認定申請における調査などを行うのもケアマネージャーの仕事だ。つまり介護サービスをトータルにコーディネートする専門家で、介護制度の中核を成す仕事とも言える。こうした業務を行うには、保健医療や福祉についての専門的な知識や技術が必要とされ、厚生労働大臣が定める「介護支援専門員」資格が必要となる。この資格試験を受けるには5年以上の実務経験が必要。

ケアマネージャーになるには5年の実務経験後になるため、収入は高く初任給は25万~30万となる。勤務時間も長く、休日出勤している職場もあるという。

13hwに登録されている「仕事白書」から「ケアマネージャー」に関連する白書をPICK UP!

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!