スタジオミュージシャン

<< 編集部の職業解説 >>

アーティストがレコードやCDなどのレコーディングをする際に、録音スタジオで楽器を演奏するのがスタジオミュージシャンの仕事。アーティストやプロデューサー、アレンジャーの要望に合わせ、イメージ通りの演奏をすることが求められる。与えられた楽譜ひとつでさまざまなジャンルでの弾き分けができ、キーを変えても即座に対応できなければならない。楽譜を見てすぐに演奏できること、音楽理論の知識、専門とする楽器の高度な演奏技術が必須となる。さまざまな要求に瞬時に応えられる臨機応変さと集中力、さらに初対面の人と演奏をともにすることも多いため、コミュニケーション能力も不可欠となる。

「スタジオミュージシャン」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!