パーカッショニスト

<< 編集部の職業解説 >>

クラシックやラテン系打楽器を演奏する人をさす。パーカッションは、本来打楽器全般を指すが、ドラムスティックで叩くドラムセットと分けて考えられることが多いため、ドラマーとパーカッショニストも分けて呼ばれることが多いようだ。パーカッションには、コンガ、ボンゴ、ティンバレス、タンバリン、ティンパニー、マリンバなどなど、数えたらきりがないほどたくさんある。音楽のジャンルや曲によっても使う楽器の種類は違ってくるが、さまざまな打楽器を操ってこそ、パーカッショニストといえる。

「パーカッショニスト」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!