ロボット設計技術者

<< 編集部の職業解説 >>

工場の自動化を支える産業用ロボットを研究・開発・設計する人のことで、ロボット開発技術者ともいう。理科系の専門学校や大学・短大で基礎を学び、ロボット開発を行っているメーカーに就職するのが一般的。開発にあたっては、安全性と生産性をいかに高い次元で両立させるかがポイントとなり、産業用ロボットであれば生産工程やそこで使用される材料の特性等を理解し、的確な部品を選び、動きを考えることが重要だ。ロボットというと物理的なハードウェアをイメージしがちだが、その挙動を制御するソフトウェアの役割も重要で、世界中で盛んに研究・開発が行われている。ロボット分野は、さまざまな企業が開発にしのぎを削っており、その中で評価されることは大きな喜びだ。商品としてロボットを設計するほか、大学や企業の研究所で、さらに深くロボットの研究をするという道もある。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!