音楽プロデューサー

<< 編集部の職業解説 >>

音楽プロデューサーとはレコード会社やレーベル制作会社などで、CDなどの音楽商品の企画を立て、制作から発売までの全般的な指揮を取る最高責任者をいう。予算やスタッフの取りまとめといった実務的な仕事から、アルバムコンセプトの決定や収録楽曲の考査といったクリエイティブな作業まで行わなければならない。またレコーディング技術の様々な知識も必要。つまりプロジェクトリーダーの適性だけでなく、アーティストやエンジニアとしての資質も兼ね備えていなければできない仕事だ。レコード会社やレーベル制作会社に入社したらすぐ音楽プロデューサーになれるわけではなく、相当な経験を積んだ後でたどり着く職業である。

音楽プロデューサーとしての収入は、プロデュースしたアーティストがどれだけ売れたかにかかっているが、基本的には他の仕事との兼業でやる仕事だ。

「音楽プロデューサー」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!