舞台機構調整技能士

<< 編集部の職業解説 >>

劇場やホールで行われる演劇や芝居の音響、照明などの舞台装置を調整する。演出・構成担当者の指示に従い、プランを作成し、音響機器の配置や操作、照明の調整など舞台装置全般を操る。音響機器を操作する知識と会場での音の響き方を正確に聞き分けられる感性が必要とされる。また舞台で必要な効果音、BGMなどの編集も行い、演劇や芝居などの舞台を盛り上げる重要な役割といえる。舞台機構調整技能士になるためには、国家資格が必要となる。

学歴・実務経験などで受験資格が定められており、1級から3級までいずれも実技と学科試験が行われる。この資格があってはじめて、舞台機構調整技能士と称することができる。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!