米国不動産鑑定士

<< 編集部の職業解説 >>

米国において、土地・建物の売買の仲介や、アパートなど賃貸物件の仲介など、不動産の取引業務を行う。RE(リアルエステート)セールスパーソンという米国不動産ライセンスの取得が必須だ。この資格は州ごとに認定しており、法律・経済・金融など幅広い専門知識が問われる。そのほか、英語力、不動産取引をまとめる交渉力が必要。米国不動産の専門家として、日本国内の外資系企業や米国に支社のある日本企業などで活躍する。日本国内にとどまらず、グローバルに不動産の仕事をやりたい人に向いているだろう。

「米国不動産鑑定士」に近づくために、自宅で手軽に始める方法も・・・

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!