歯科衛生士

<< 編集部の職業解説 >>

歯科衛生士は、歯科医師の管理・指導のもとで、主に次の3つの役割を担う。虫歯や歯周病などの口腔疾患の「歯科予防処置」、歯石除去など、歯科医師に代わって一部の診療行為を行う「歯科診療補助」、歯ブラシの正しい使い方や歯磨きの方法をはじめ、口腔の衛生全般に関する相談や機能訓練などをする「歯科保健指導」である。歯科医は地域に多く開業しており、勤務時間が比較的規則正しいため、女性が職を得やすく、かつ安定的に働ける場として年代を問わず目指す人が多い。なお、歯科衛生士になるには国家資格が必要。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!