グランドハンドリング

<< 編集部の職業解説 >>

・マーシャラーの職業解説にも記載されている通り、グランドハンドリングはマーシャラーを含む航空機地上支援業務を指し、乗客の荷物や貨物の積み降し、ボーディングブリッジの接続、出発時に専用のタグ車(航空機牽引車)を使って飛行機が前進できる位置まで押し出すプッシュバックなど、飛行機が空港に到着してから出発するまでに地上で必要な作業の多くを担当する。機内清掃や機内で必要な備品の積み降しなどもグランドハンドリングの仕事。
・空港の貨物施設において、飛行機に搭載する貨物を専用の容器などを使い、飛行機に積める形に組み付ける航空貨物の仕事や、飛行機を手洗いする機体外洗浄作業もグランドハンドリングの仕事。

・グラハンと略されることが多く、日本の90を超える空港において必ず必要となる仕事。
・各空港において、女性も多く活躍している。

・グランドハンドリングの会社に入社後、100以上の社内資格を取りながら成長できることや、多種多様な空港専用車両の取り扱いができるのは魅力のひとつ。
・飛行機を安全・定時に出発させるにはチームワークが重要であり、仲間との一体感を感じられることも魅力のひとつ。

グランドハンドリングの仕事を学ぶ専門学校もあるが、専門的な知識などは会社に入社してからでも学べるため、各空港にあるグランドハンドリングの会社を調べ、入社することでグランドハンドラーになれる。

航空連合

空港で見たことはあっても、職業名まで知られていないのがグランドハンドリング。基本、室外の仕事であるため、夏は暑く、冬は寒いですが、広い空港で多種多様な専用車両を取り扱い、世界の航空機をハンドリングできる楽しい仕事です。

航空連合

空港で見たことはあっても、職業名まで知られていないのがグランドハンドリング。基本、室外の仕事であるため、夏は暑く、冬は寒いですが、広い空港で多種多様な専用車両を取り扱い、世界の航空機をハンドリングできる楽しい仕事です。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

この職業解説ページは、「航空連合」にサポートいただいて作成しています。航空連合

この職業解説ページは、「航空連合」にサポートいただいて作成しています。航空連合

次はこんな職業も見てみよう!