HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

FORUM:オススメ回答 ★オススメ回答★【こんな時どうする?】子供の立場に立って考えるには・・・?(04.21)

2008年4月21日

こんにちは!13hw編集部 大学生インターンの角谷です。
先週から大学の講義が始まり、数ヶ月ぶりに大学へ行きました。
(大学生の春休みは2月から、ととっても長いのです)
広いキャンパスで迷ってしまった新入生に道を聞かれ、
自分が入学した頃を思い出してなんだか懐かしい気分になりました。

さて本日は、「子供とのコミュニケーションで、必要な心得とは?」という質問と回答をご紹介します!


子供を指導・教育していく際に必要な心得とは、何でしょうか?
http://minna.13hw.com/forum/viewthread/3882/
こんにちは。
私は、大学2年の学生です。
先日から、このフォーラムにお世話になっています。

私は、自然に関わる仕事を探しています。

まだ、現段階では、職業探しをし始めたばかりなので、きっちりと就きたい職業名を言えないし、知りもしません。

でも、私自身がフィールド体験・自然体験(森林・海・川・農場などでの活動)をし、また、他の人、特に子供にもそのよさ伝えるといった、仲立ちになるような職業に就きたいとは考えています。

また、自然と子供に触れ合うためのを企画を立て、実践したいとも思っています。

子供に何か指導をしたり、子供のための企画を設定したりする際、子供の立場に立って物事を考える必要があると思うのですが、私は、私生活の中で子供と関わることがほとんどありません。
の立場に、いざ、なってみようとしてもなかなか難しいものがあります。
そこで、子供と日々を過ごす保護者の方や教育者、指導者の方々に、ご意見を伺おうと思います。

子供とのコミュニケーションで、必要な心得とは何でしょうか?
できれば、箇条書きに記載して下さると、大変ありがたいです。
よろしくお願いします。

あーちゃんさん/大学生)

この質問に対して・・・

こんにちは。3歳児(娘)の父親です。ちなみに私の娘も「あーちゃん」です。

役に立つ答えができるかどうか疑問ですが、私が心掛けているのは、しつけのためには時には厳しく接することも大事、ということです。
温かい愛情とは甘やかすことではないと思っています。もっとも叱った後のフォローは大変重要ですが。
また我が家では、父親と母親の役割分担ということも、よく話し合うよう努めています。
子供の立場に立つのは難しいと感じられているようですね。
私自身のことで恐縮ですが、私は日頃から大人相手でも「こういうことを言うと、この人はどういう反応をするのかな?」とか「この人はどういう思いでこの話をしているのかな?」とか、常に考えています。
こういう習慣がつくと、相手が子供でも、何を考え、何を言おうとしているのか、理解の幅が広がるように思います。
もうひとつアドバイスしておきたいのは、職業として子供と触れ合うということは、当然その子の親との接触もある訳です。
いろいろな考え方の大人もいますから、十分に理解を得られるよう、よく話し合う機会を持つことが大事だと思います。
子供は未来にあらゆる可能性を持っている、人類にとっての宝物です。
そんな子供たちと関わっていく仕事はとても素敵だと思います。
がんばれ!
じょにーさん /経営者・役員)

あーちゃんさん
それを一言でいえば”愛情”をもって接するということです。

すべての人とのコミュニケーションに通じます。
貴方がその気持ちをもって接すれば相手はそれを”感じる”のです。
これからの日本を託す子供は”宝”です。
貴方の地道な努力が人を育てていくのです。
そのためには貴方自身が日々の経験から成長していくほかありません。
勉強は一生です。がんばってください。
ハロワのおやじさん/キャリアカウンセラー)

こんにちは、あーさん。
私は、カードゲームのゲームデザイナーですが、カードゲームの講習会や大会には、
小学生がたくさん参加してくれています。
「指導・教育」といったたいそうなものではないのですが、こどもたちに接するときに
気をつけていることを箇条書きにしていきますね。
・自分自身が、こどもにたいしてしっかりあいさつをする
(特に、こんにちは、よろしくおねがいします、ありがとうございます)。
・こどもむけの話し方をせず、ふだんどうりの話し方をする。
・相手の名前をきいて、その名前で話しかける(キミとかあなたとか言わない)。
・ルールの判定やプレイでまちがったときには、すなおにあやまる。
・ティーチング(遊び方の説明)をするときには、こどもの視点をコントロールする。
(「はい、ここに注目!」とか、「ここの数字、ちょっと見て」とか)
・ルールをおしえるときには、「なぜそうするのか」「しなかったらどうなるか」など、
そのルールの意味をふくめておしえる。
・おしえるルールは必要最低限にし、はやく実際にゲームをあそばせる。
その中で自然に出てきた疑問があれば、それについて追加でおしえる。
・こどもの話をよく聞く(時間がかかることもありますが)。
・ゲームの相手をするときには、手加減をしない。全力で勝ちに行く。
・こどもが負けたときには、「あそこでああすればよかったかも」など、アドバイスする。
・こどもが勝ったときには、ほめる。
まあ、実際は「こどもだから」ということではなく、こども、大人の区別なく、
お客様として、そして同じゲームが好きな「仲間」として接します。
「教育」とはちがうとは思いますが、参考までに。
まこさん/ゲームデザイナー)

このように、非常に多くの、暖かい回答が寄せられました!
「相手の立場に立って物事を考える」
私もつい忘れてしまって友達とケンカしてしまったり・・・
簡単なようで本当に難しい!!
ここではご紹介できませんでしたが、フォーラムではもっともっとたくさんの回答を
読むことができます。
ぜひ、アクセスしてくださいね!
(大学生インターン/角谷)
◆◇この質問の全てのやり取りを見る。
http://minna.13hw.com/forum/viewthread/3882/

◆◇「もっと教えて!フォーラム」を見る。
http://minna.13hw.com/forum/index/

◆◇質問したい方は・・・ 初めて質問をする方は、「フォーラム参加登録」を行ってください。
https://minna.13hw.com/work_con/m/t/

◆◇回答するには・・・ 初めての方は「仕事白書」への登録を行ってください。
http://minna.13hw.com/work_con/b_.html

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー