HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

FORUM:オススメ回答 ★オススメ回答★【なるほど!お仕事情報】日本でできる国際関係の仕事とは?(03.19)

2010年3月19日

こんにちは!13hw編集部 大学生インターンの渡邊です。

さきほどニュースで見たのですが、
大学生の年間生活費がピーク時からみて3割ダウンの平均68万円だそうです。
1ヶ月5,6万円くらいですね。
食費は25万円から18万円に下がったらしいです。
私の場合食費だけで年間30万円くらい使っていた気がします。
…これからは節約します!笑

さて、今日は日本での国際関係の仕事とは?
という質問と、それに対する回答をご紹介します。


■日本での国際関係の仕事とは?
http://minna.13hw.com/forum/viewthread/8407/
<前略>

 もうすぐ二十歳になるというこの時期になって私は将来の職業に疑問を覚え始めました。やはり興味のある国際協力に関係する職業に就きたいとは思うのです。 
しかし最近ニュースでは日本人のJICA職員?(違ったら申し訳ありません)が誘拐されたり、最悪の場合殺人にまで達してしまうケースがあることを知り、家族は私が現地で国際協力の仕事をする事を望んでいません。

大学の3年次でフィリピン、マレーシアなどへ国際協力実習で何週間か勉強する機会があるのでそれを経験したらまた違う考えが浮かぶのかもしれませんが、今私は日本でできる国際関係の仕事について情報や意見を求めています。
大学で学んだ事を生かせる職場に100%自分が就けるかどうかは悩めるところではありますが選択肢を増やしたいと思ってます。

<後略>

annaさん/大学生・専門学校生)

それに対して

こんにちは。大学二年生でいらっしゃるとのことなので、annnaさんの希望に添えそうな具体的な職業を思いつく範囲で上げてみますね。

国際公務員外務省職員国家公務員、国連関連機関のインターン等非正規職員、(社会問題に取り組む)NPO職員・NG0職員、難民支援やフェアトレードなどを専門に扱う専門商社、AFPやロイターなど、国際的通信社の記者、国内のメディアの外信部・外報部(配属希望が通るとはかぎりませんが)、シンクタンク研究員、ジャーナリスト・社会評論家・批評家、地雷や機雷除去など、在日外国人のための学校の教師あるいは職員、語学教師、平和利用のための機器を開発しているメーカーの社員(営業、広報、開発など)…

とはいえ、普通の会社に入っても、そこで国際協力や社会情勢に関わる企画を提案しつづければ、あるいはそれに関わる部署への配属希望を出し続けて努力を続ければ、どんな会社に入っても、いつかは国際協力に仕事を通じて寄与することができると思います。例えば、地方公務員として、地元の市町村と発展途上国の姉妹都市協定を結ぶために奔走するのも、annnaさんが望む国際協力の形に近くはありませんか?

どこに居るかではなく、そこで何をするか、が重要なのだと思います。

annnaさんは、どんな方法で国際協力をしたいですか?

3年次には実習もあるとのこと。残りの大学生活を通じて、やりたいことのイメージをより具体的に深められると良いですね。
頑張って下さい。

ほんだ いくさん/編集・製作)

『どこに居るのかではなく、そこで何をするか、が重要なのだと思います。』
とてもいい言葉だと思いました。
私も将来何をしたいのか。ということを考えながら
夢を現実にしていければいいな、と思います。

(大学生インターン/渡邊)

◆◇この質問・回答を全部見る。
http://minna.13hw.com/forum/viewthread/8407/
◆◇「もっと教えて!フォーラム」を見る。
http://minna.13hw.com/forum/index/
◆◇質問したい方は・・・初めて質問する方は、「フォーラム参加登録」を行ってください。
https://minna.13hw.com/work_con/m/t/
◆◇回答するには・・・初めての方は「仕事白書」への登録を行ってください。
http://minna.13hw.com/work_con/b_.html

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー