HOME > 13hw編集部ブログ > 記事

13hw編集部ブログ

コチラ13hw舞台ウラ ★編集部スタッフが綴る★下郡:国民栄誉賞 (04.08)

2013年4月8日

こんにちは! 13hw編集部インターン下郡です。

 春ならではの気温の変化や気候の変化で、気分や体調を崩していませんか?
この時期、喘息もちの娘はコンコン、ヒューヒューと喘息特有の咳が出て
苦しそうです。季節の変わり目は体の弱いところから、病気になりやすい
といわれますから、気をつけてくださいね。
 私の弱いところは、「頭」?!でしょうか。(頭痛がするという意味で・・・。)

今日は国民栄誉賞についてちょっと触れたいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【国民栄誉賞】ってなに?
 内閣府のホームページに国民栄誉賞について記載があります。

 

国民栄誉賞
国民栄誉賞表彰規程(昭和52年8月30日 内閣総理大臣決定)

1 目的 
この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに
 顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的とする。
2 表彰者 
 内閣総理大臣
3 表彰の対象 
 内閣総理大臣が本表彰の目的に照らして表彰することを適当と
 認めるものに対して行う。
4 表彰の方法
 表彰は、国民栄誉賞を授与して行う。
 国民栄誉賞は、表彰状及び盾とする。
 表彰に当たっては、記念品又は金一封を添えることができる。
5 表彰の時期
 表彰は、随時行う。
6 表彰の事務
 表彰に関する事務は、内閣府大臣官房において行う。

 国民栄誉賞表彰規程実施要領(昭和52年8月30日 総理府総務長官決定)
  国民栄誉賞表彰規程(昭和52年8月30日内閣総理大臣決定)による表彰は、
  次の要領により行う。
 1.内閣総理大臣が表彰を行おうとするときは、候補者について、民間有識者の
   意見を聞くものとする。
 2.表彰状及び盾の様式は、別紙のとおりとする。 
 
内閣府ホームページより(平成25年4月8日抜粋)

  

なんだか難しくてよくわからないので簡単に説明しますね。

 私たち日本国民に愛され、活躍してその実績が際立っているという理由で、候補者が選ばれます。それを、内閣総理大臣と民間の学者さんや、いろいろな知識をもっている人が一緒になって「本当にその人(候補者)が国民栄誉賞にふさわしい人物か」を話し合って決めます。
そこで、OKがでると受賞者となり内閣大臣官房で表彰状と盾が授与されるのです。
 (ちょっと簡単すぎました・・・)

 今回の国民栄誉賞は長嶋茂雄氏と松井秀喜氏に決まりましたね。
 第一回国民栄誉賞を受賞したのは、王貞治氏が756号本塁打で世界記録を達成した1977年です。長島氏が 引退セレモニーのスピーチで「わが巨人軍は永久に不滅です」という言葉を残してから3年後の事でした。
 若い皆さんは長島氏の「国民的スター」という響きは、イメージがわかないと思いますが お父さん、おじいさんに聞いてみるのも良い機会ですので、この場で説明するのは割愛させていただきたいと思います。

 国民栄誉賞で受賞を断った事のある方もいらっしゃるんですよ。
 同じ球界でも有名な、イチロー選手は小泉元内閣から打診されたのですが、現役の選手であることを理由に2001年、2004年に辞退しています。なんとも、イチロー選手らしいですね。
 
 日本のみんなに元気と勇気を与えてくれた受賞者のみなさんに励まされながら
 将来の自分を考えても良いかもしれませんね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  トップアスリート(13hw編集部)では、長島氏の野球人生をまとめたDVDを発売しています。
  詳しくはコチラをご覧ください。

  

ページトップ

コメント

13hw編集部ブログ
新着記事
カテゴリ
バックナンバー