声楽家

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

クラシックの歌曲やオペラを歌う。ソロ歌手として独立できる人はごくわずかで、オペラ団体や合唱団に所属するのが一般的。しかし、そもそも声楽家として生計を立てている人は非常に少ない。ソロ歌手への意欲のある人は、アルバイトを続けながらコンクールに出場し、賞を狙う。海外で個人レッスンを受け、海外のコンクールで受賞したりして、若くして声楽家としてデビューする人もいるが、それは特例中の特例。一般的には海外や国内の音楽大学の声楽科で学ぶ。声楽家の多くは、小さいころから先生について、発声の基礎やピアノなど音楽的教育を受けている。声楽家として自立するのはきわめてむずかしく、都市部に住んでいて、家計に余裕がある家の子供がどうしても有利になる。

次はこんな職業も見てみよう!