スポーツのチームや組織で働く

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

プロ野球や初期のJリーグでさえ、それぞれのチームには実質的な親会社があり、チーム運営の主導権もその会社に握られている場合が多かった。親会社から出向してくる職員も多く、「選手はプロだがチーム運営はアマチュア」などといわれたものだ。企業に所属する実業団ならなおさらだ。だがJリーグのチームが親会社と距離を置こうとしているように、今後は組織として独立する方向に向かうのは間違いない。その際、メジャースポーツの人気チームは営利企業として、それ以外はNPO的な組織になっていくと予想される。職員の仕事はチームや選手の管理のほか、営業、宣伝など幅広い。メディカルスタッフや通訳など専門的な仕事もある。採用数自体は少ないが、スタッフを公募するチームも現れている。

次はこんな職業も見てみよう!