コイン・切手屋

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

趣味コレクションの代表格である切手やコインを買い取り・販売する。古い新しいにかかわらず、希少価値が高いものを中心に扱う。基本的には自分の店を持って店頭で売買するが、定期的に古物専門の市場へ仕入れに行ったり、デパートの催し会場や骨董市などに店を構えることなどもある。ここ数年は、インターネットによる通信販売が主流になりつつある。以前は店に弟子入りして学んだ後に独立することが多かったが、最近は独学で勉強して開店し、その後経験を積んでいく人が多い。しかし、古物を扱う場合は年代やコンディションによってかなり価値が異なるので、最初のうちは失敗して損をすることもしばしば。価値を見極める確かな目を養うまでには3、4年の覚悟が必要だろう。資格は特にないが、警察で古物営業の許可証をもらうことが前提条件。需要は以前に比べ減ってきており、商売として大儲けすることは難しいが、切手やコインが好きであれば、好きなものに囲まれて自由気ままに商売できる楽しさがある。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!