カメラマン

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

日本にはとてもたくさんのカメラマンがいる。彼らの仕事は写真の種類によって、または発表媒体の違いによって、いろいろと分かれている。報道写真が専門のカメラマンもいるし、風景を専門に撮るカメラマンもいるし、人物写真が専門のカメラマンもいるし、人物のなかでも女性のヌードをおもに撮るカメラマンもいて、なかには電子顕微鏡の世界だけをフィルムに収めるカメラマンもいる。写真集を出版するカメラマンもいるし、新聞や雑誌に写真を買い上げてもらうカメラマンもいるし、結婚式などに出かけて写真を撮り被写体に買い上げてもらうカメラマンもいる。プロのカメラマンになるためには、いくつかの方法がある。写真の専門学校もあるが、学校を出たからといって必ずプロのカメラマンになれるとは限らない。ちなみにプロのカメラマンというのは、写真を撮り、その写真を売ることで生活していける人のことだ。プロとして活動しているカメラマンの助手になる、という方法もあるし、出版社や雑誌社に自分の作品を持ち込むという方法もある。だが、これだったら必ずプロのカメラマンになることができるという絶対的な方法はない。

それにしても日本にはどうしてこれほど多くのプロのカメラマンがいるのだろうか。おもな理由は2つ考えられる。1つは、プロカメラマンを必要とするメディアがたくさんあること。つまり雑誌や新聞や書籍などがものすごく多いということ。2つ目は、世界に誇るカメラメーカーがいくつもあるということだ。日本製のカメラはフィルム式でもデジカメでもほとんど世界を制覇している。つまりほかの国に比べてカメラを手に入れやすいのである。当たり前のことだが、自分のものか、借り物かは別にしても、とりあえずカメラを手にしなければカメラマンにはなれない。使い捨てカメラまで含めると、日本には膨大な量のカメラがあり、誰でも写真が撮れる環境がある。その環境が、ひょっとしたら自分はカメラマンに向いているのかもしれないと思い違いをする若者を生んでいるというネガティブな見方もできるし、数多くの名カメラマンを生んでいるというポジティブな見方もできる。

自分がカメラマンに向いているかどうかを試す有効な方法が1つある。それは常にカメラを持っていても平気か、飽きないか、ということだ。プロのカメラマンは一日中カメラを首から下げていても平気だし、それを苦にしないどころか、そのことに気づかないほど、意識がカメラと一体化している。寝るときもトイレに行くときもカメラを離さないカメラマンもいる。何か被写体を見つけたときにカメラがないと撮れないから、彼らは常にカメラを離さないのである。カメラマンを目指そうとする人は、一日中カメラを首から下げて、しかもそれを1カ月ほど続けることができるか、試してみるのもいいかもしれない。

<< 編集部の職業解説 >>

カメラマン(フォトグラファー)は顧客の注文に応じて指定された被写体をカメラで撮影し、その写真を提供する仕事。新聞・スポーツ雑誌などに載せる現場写真を撮影する報道カメラマン、広告のイメージ写真や雑誌のグラビアなどを撮影するカメラマン、工業製品や食品、芸術作品など静止した物体を撮影するカメラマン、風景や建築物を撮影するカメラマンなど、カメラマンの多くは自分の得意分野を持っており、その分野に特化された技術を持っている人ほど重宝される傾向がある。いずれの分野にせよ、カメラマンの世界には資格というものが存在しない。ただ自分の才能と実力だけが頼りという仕事である。カメラマンになるための決まった方法というのはないが、著名なカメラマンのアシスタントになったり、大学や短大の写真科、写真専門の専門学校などで学ぶ、などの道がある。カメラマンとして有名になれば写真集を出したりするも可能。

カメラマンとして働いている正確な人数を把握することは困難ですが、2000年の国勢調査の時点で、6万6412人が写真家として働いていました。ちなみに、総務省の調査(※1)によれば、2004年時点で写真業を営む事業所の数は全国に1万3340軒あり、従業員数は5万4200人となっています。

※1「平成16年 サービス業基本調査」総務省統計局

あるフリーカメラマンを例にすると、商品カタログやモデルのスタジオ撮影が1カット5000円~、雑誌撮影がページ1万円、卒業式や入学式撮影が1回2万5000円、写真学校での授業で1回8000円など、多岐に仕事をこなして月収は70万円程度。かつては雑誌の仕事だけで月収500万円を稼ぐという商業カメラマンも珍しくありませんでしたが、今では大半のフリーカメラマンの年収は300万円程度ともいわれています。(※1)

※1『他人の給与明細がこっそりわかる本』廣済堂文庫よりp276

次はこんな職業も見てみよう!