観光庁職員

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

観光庁とは、外国政府や地域の観光を担当する省庁であり、日本にはいろいろな国・地域の観光庁日本支部が設けられている。仕事の内容は、その国や地域、州の魅力をPRし、日本からの観光客を増やすことだ。テレビや雑誌、イベントなどによって、観光PR、広告、マーケティングなどを行い、ときには自分の顔と名前を出してインタビューに応じることもある。観光庁の職員になるためには、その国や地域が好きで、言語が堪能なこと、現地の習慣や文化を知っていることが最低条件。一般的に大学・大学院を卒業した人が多く、その国での海外生活や留学経験のある人も多い。また日本人に対して効果的にPRするためには、相手国の文化だけでなく、日本の文化や社会性などもよく知っておく必要がある。求人は非常に少ない。欠員ができたときに、「Japan Times」など英字新聞やオフィシャルホームページなどで告知されるが、紹介による場合もある。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!