シャーマン

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

シャーマン神に仕え祈祷や神意を伺い神託を告げる。具体的には、運勢を見たり、死者の口寄せ、先祖事などの霊的な相談に応じる。礼金を受け取り生計を立てる。ただ修業すれば誰しもがなれるわけではない。たとえば沖縄のユタの場合、運命めいたものがなければなれないといわれており、「好きでなったわけではない」と口にする人もいる。ユタには男性も女性もいる。沖縄の人たちのなかには年に数回ユタのところへ通い、自分たちの先祖からのメッセージを受け取ったり、何かよくないことがあると、相談したりする人もいる。ありとあらゆる地域にシャーマンは存在する。また、かつてシャーマンは、神官であり、政治・経済の助言者であり、医師であり、薬剤師であり、研究者であり、芸術家でもあった。

次はこんな職業も見てみよう!