ファッションデザイナー

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

主に洋服をデザインする。レディース、メンズ、子供服、ジーンズ、スポーツ、インナーウェアなどに分かれ、企業内デザイナーとオートクチュールデザイナーがいる。1年に4回行われる発表会に向けて、デザイナーはマーチャンダイザーやパタンナーなどのスタッフと念入りに打ち合わせをしながら、準備にあたる。早い場合には1年前からスタートするため、時代を先駆けるセンスや分析力、予測力が必要不可欠だ。また多くのスタッフとの共同作業が多いので、コミュニケーション力も不可欠。もちろん独創性や表現力も重要。メーカーのファッションデザイナーになるためには、大学や専門学校で服飾・デザインを学び、アパレルメーカーなどに就職する。海外の専門学校に留学をしたり、インターネットを利用して販売を行ったり、独自のインディーズブランドを設立する人もいる。ファッションデザイナーに憧れる人は多いが、競争が激しく、就職にあたっても採用は少ないのが現実。デザイナーの登竜門と呼ばれるコンテストで受賞するなど、学生時代から積極的に動くと道が開けることがある。

<< 編集部の職業解説 >>

ファッションデザイナーというと、流行の最先端を行く華やかな職業というイメージがある。しかし、実際の仕事は、流行や市場の傾向調査、デザイン画やファッション画の作成、製品企画の立案から、実際の製品化まで、地道な作業の積み重ねである。その中で成功を収めることで、初めてランウェイで喝さいを浴びることができるのである。能力面でも、ファッションセンスに始まり、服作りの技術や、生地、染色、刺繍、人間の骨格、トレンドの歴史などに関する知識、さらには売れる商品を作るための企画力、企画をアピールするプレゼンテーション能力、セールスプロモーションに関する知識など、総合的なものが必要とされる。多くはアパレルメーカーやデザイナー事務所に勤務して、既製服のデザイン画作成、素材の選択、パターンメーキング、縫製工場との交渉など、様々な経験を積んで実力をつけていくことになる。

自分がデザインした服が売れたときは、自分の仕事が評価された瞬間であり、うれしいもの。たくさん売れて収入につながれば、自ずとやる気が湧いてくる。
また、コンテストで賞を取ったり、ショーを成功させたり、ファッションデザイナーとしての階段を上っていくことができれば、流行をつくったり、有名人が支持してくれたり、違う次元で仕事をすることができるだろう。
おしつぶされるくらい大きなプレッシャーがかかるし、新しいものを生み出すのは容易ではないが、その分、計り知れない達成感が得られる。

ファッションデザイナーとして活動している人の正確な数は不明だが、7000〜8000人前後というデータもある(※1)。

一般にファッションデザイナーといえば、海外に名を馳せる有名なデザイナーを想像しがちだが、実際には、アパレルメーカーに所属して既製服を大量にデザインする、いわゆる「企業デザイナー」が大多数を占めている。
※1「職業データベース」独立行政法人 労働政策研究・研修機構(1994年)より

給料制のデザイナーの初任給は15〜20万円程度だが、入社5〜8年でチーフにでもなれば年収500〜600万円程度に。さらに能力を認められた契約デザイナーになれば年収1000万円以上になることも。国際的に著名なデザイナーともなれば年収は数億円にものぼり、また、インディーズのヒットブランドのオーナーデザイナーであれば月収数100万円を稼ぐことも珍しくない。(※1)

※1『これが年収だ!!』長崎出版よりp126

次はこんな職業も見てみよう!