家政婦

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

家政婦一般の家庭または寄宿舎などの施設で、炊事、洗濯、掃除、買い物など家事全般をこなす。また、在宅患者や寝たきりのお年寄りの身の回りのお世話や付き添い、病院ヘルパーなど看護補助作業も、家政婦の仕事に含まれる。住み込み、または通勤での勤務が選べ、曜日や時間帯なども、勤務先と相談して決めることができる。家政婦になるためには、家政婦紹介所に登録するのが普通。資格や経験は特に必要とされないが、ないよりはあったほうが、賃金もよくなるし、よい条件の勤務先を選ぶことができる。家政婦に必要なのは、確実に仕事ができ、礼儀正しく、人当たりがいいこと。勤め先の家のプライバシーを漏らさない「口の堅さ」は絶対に必要だ。

この職業解説について、感じたこと・思ったことなど自由に書き込んでね。

わからないこと・知りたいことは、働いている大人に聞いてみよう!

次はこんな職業も見てみよう!