航空自衛隊

<< 書籍「13歳のハローワーク」の職業解説 >>

航空自衛隊航空自衛隊は空からの侵略を警戒し防衛にあたる。そのほかにPKO空輸支援や政府専用機による海外運航も行っている。

飛行

戦闘機や輸送機、偵察機、警戒管制機、救難機などを操縦し、防空戦闘や情報収集、人員、物資の輸送等を行う。

航空管制

航空自衛隊の飛行場や共同飛行場における航空交通管制業務を行う。飛行管理と航空管制に分かれる。

航空機整備

飛行機の機体、エンジンなどの整備を行う。航空機体、航空電子、航空武器、航空発動機、航空電気計器に分かれる。

整備

航空機搭載の電子機器や、エンジン及び地上レーダー、ペトリオットシステム等の機材整備を主に行う。計器、油圧、車両、電気に分かれる。

武装

主に戦闘航空団に所属し、航空機に搭載される武器弾薬及び火器管制装置などの整備、補給を行う。武器弾薬と火器管制装置整備に分かれる。

要撃管制

日本の領域及び周辺空域を常時監視し、戦闘機などの誘導管制を行う。

高射運用

ペトリオットミサイルを操作し、侵攻してくる航空機や巡航ミサイルを撃破する。操作、電子整備、機械整備に分かれる。

通信電子

各航空基地やレーダーサイトなどで使用される通信電子機器の保守点検、整備や基地間の通信業務を行う。通信、無線調査、有線整備、地上無線整備、基地防衛電子整備に分かれる。

プログラム

コンピュータの操作や各種解析、プログラムの作成、改良を行う。電算機整備と電算機処理に分かれる。

気象

航空機の離着陸及び安全確保のための気象観測を行う。気象観測と気象器材整備に分かれる。

衛生

隊員の健康診断及び各種身体検査のほか、医療保険、環境衛生、食品衛生検査を行う。

音楽

5つの専従音楽隊があり、国の行事や自衛隊の公式行事での演奏をはじめとする各種演奏活動を行う。

警備

基地の施設、物品の保護と隊員の安全確保のほか、部内秩序の維持を行う。

補給

航空自衛隊で使用される全ての物品を整備、保管し、部隊の要求に応じて出荷をする。補給と燃料に分かれる。

輸送

各種輸送の企画と、航空自衛隊に装備されている車両で、人や荷物を輸送する。

施設

基地施設の建設維持管理及び航空機事故に関しての消防救難活動を行う。電気、給汽消防、土木建設、設備機械に分かれる。

法務

損害賠償業務や民事裁判などの訴訟業務に携わるほか、作戦における法制面での問題の処理を行う。幹部自衛官向けの頭脳労働職である。

会計

物品、食料購入や給与計算などのお金の出納に関する業務を行う。

[取得可能な資格]

飛行
ジェットパイロット/ヘリコプターパイロット免許
航空管制
情報処理技術者、大型運転免許、ワープロ技能免許、航空交通管制職員基礎試験、航空無線通信士、航空交通管制技能証明書
整備
危険物取扱主任、高圧ガス取扱主任、2級/3級自動車整備士、大型/大型特殊運転免許、甲種/乙種危険物取扱者、移動車両クレーン運転免許、ガス/電気溶接技能士、電気工事士、第3種電気事業主任技術者
武装
火薬類取扱保安責任者、乙種機械責任者、大型運転免許、特殊無線技士、危険物取扱主任、第3種冷凍機械責任者
要撃管制
情報処理技術者、大型運転免許、ワープロ技能免許、航空交通管制職員基礎試験、航空無線通信士、航空交通管制技能証明書
高射運用
大型運転免許、牽引運転免許、クレーン免許、不発弾処理、危険物取扱主任、特殊無線技士
通信電子
国内電信級陸上特殊無線技士、無線通信士免許、アナログ1~3種、デジタル1種/2種、第1級/第2級陸上無線技術士、第1級陸上特殊無線技士、第1種/第2種情報処理技術者、第1級~4級アマチュア無線技士、大型運転免許、牽引運転免許、乙種機械主任者免許(高圧ガス)
プログラム
第1種/第2種情報処理技術者、データベース検索技術者、マイクロコンピュータ利用者認定、日商ワープロ技能検定
気象
大型運転免許、第1級/第2級陸上無線技術士、特殊無線技士、第3種電気主任技術者
衛生
臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、歯科技工士、救急救命士、看護師
警備
大型運転免許
補給
自動車運転免許、大型/大型特殊運転免許、牽引運転免許、乙種機械主任者免許(高圧ガス)
輸送
大型/大型特殊運転免許、牽引運転免許、危険物取扱主任(乙種)
施設
1種/2種電気工事士、第3種電気主任技術者、大型運転免許、牽引運転免許、危険物取扱主任者、1級/2級/特級ボイラー技士、ボイラー整備士、危険物取扱者乙4類、ガス/アーク溶接技能士、大型第1種自動車運転免許、クレーン運転免許、消防整備士、防火管理者、消防設備点検資格者、大型特殊運転免許、測量士、建築士、第3種冷凍機械主任技術者、配管技術管理者

*そのほか写真員、給養員、語学員などの職種があり、調理師免許、栄養士免許や社会保険労務士などの資格も取得可能。

2005年3月31日時点における航空自衛隊の自衛官は4万5517人、陸上自衛隊の自衛官は14万7737人、海上自衛隊の自衛官は4万4327人となっています。(※1)

※1『平成17年版 日本の防衛‐防衛白書‐』防衛庁(現:防衛省)よりp401

航空自衛隊の給与は細かい規定の中で決められます。目安としてプロペラ機のパイロットや航空士の場合、高卒の3曹(25歳)で年収490万円。2曹(35歳)で年収690万円。曹長(50歳)で年収920万円です。また、防衛大卒の3尉(25歳)で年収570万円。飛行班長クラスの3佐(35歳)で年収900万円。飛行隊長クラスの2佐(40歳)で年収1060万円になります。(※1)

※1『あなたの値段 当世給料事情』毎日新聞社よりp71

次はこんな職業も見てみよう!