胚培養士 (エンブリオロジスト)

胚培養士には、医師のような国家資格はない。
医療関係の仕事(臨床検査技師、看護師)に従事している人、または農学・畜産系の大学を卒業した人などが不妊治療を行っている病院などに胚培養士として就職し、働きながら技術を習得していくことが多い。
最近では、少数ではあるが専門の養成機関(岡山大学など)もある。

胚培養士の多くは、大学等を卒業後、就職してから様々な知識・技術を学ぶ。
臨床で使用する技術はもちろん、項目は医学、生物学、倫理学、統計学など多岐に渡る。培養室の一通りの技術や知識を得るのに、最短でも2年くらいかかる。特に顕微授精は修得に時間のかかる、最難関の技術。

一番の早道は専門の養成機関をに進むこと。
また、「生殖補助医療胚培養士」の資格認定基準からみてみると、つぎの条件がある。
1)大学院の医学(系)研究科、医療福祉学研究科、保健学研究科、農学研究科、獣医畜産学研究科、生物産業学研究科、生命科学研究科、自然科学研究科、看護学研究科、生物圏科学研究科、獣医学研究科、畜産学研究科、農学生命科学研究科、生物資源科学研究科、生物理工学研究科もしくはこれらに準ずる研究科において、生殖生物学関連の科目を修得した修士あるいは博士
2)大学の医学部、農学部、生物資源科学部、畜産学部、獣医学部、獣医畜産学部、生物理工学部、酪農学部、生物生産学部、生物産業学部、生物資源学部、農学生命科学部、薬学部、保健衛生学部、看護学部、医療技術学部、保健医療学部、医療衛生学部もしくはこれらに準ずる機関において、生殖生物学関連の科目を修得した学士
3)学校教育法に規定する専修学校において、生殖生物学関連の科目を修得した臨床検査技師または正看護師であること
(※日本卵子学会HPより)
上記の大学院、大学、専修学校(専門学校)を目指すのもよい。

大規模な施設は、毎年新卒者をとることが多く、他の就職活動と同時期に募集がかかる。その他の中小規模の施設では、決まった就職活動の時期はなく、欠員が出た時点で募集をかけることが多い。
各施設のWebサイト、日本卵子学会や日本臨床エンブリオロジスト学会のホームページに求人情報が掲載されている。

日本卵子学会の認定する「生殖補助医療胚培養士」と日本臨床エンブリオロジスト学会が認定する「認定臨床エンブリオロジスト」という2つの資格がある。
どちらも1年以上の実務経験が必要で、学校を卒業してもすぐには取得できない。まずは仕事に就き、1年以上経験を積んでからチャレンジすることになる。
胚培養士に必ず必要というわけではないが、資格保有者は胚培養士としての高度な技術と経験、高い倫理観・品位を持っていることが認められる。

この職業解説ページは、「岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター」にサポートいただいて作成しています。岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター

この職業解説ページは、「岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター」にサポートいただいて作成しています。岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター

次はこんな職業も見てみよう!