胚培養士 (エンブリオロジスト)

<< 編集部の職業解説 >>

胚培養士(エンブリオロジスト) 子どもが欲しいと望んでいるにもかかわらず、なかなか子どもに恵まれない夫婦に対する治療(不妊治療)のお手伝いをする。
具体的には、医師の指導の下で、人工授精、体外受精、顕微授精(生殖補助医療という)などを行う。
精子・卵子を扱うようになるには高度な技術と経験が必要。また、生命誕生に関わる仕事なので高い倫理観と品位も求められる。
胚培養士(エンブリオロジスト):顕微授精 生殖補助医療の種類について・・・
人工授精:女性の排卵日に合わせて人工的に精子をおくる方法。
体外受精:女性から採取した卵子を体外で受精させ、再び子宮のなかに戻す方法。
顕微授精:体外受精のさらに踏み込んだ方法。精子を人工的に卵子に注入する。

なにものにも代えがたい子どもをつくるお手伝いをするのだから、やりがいがあるのはもちろん、念願がかなった夫婦の笑顔を見たときには心の底から喜びが沸き上がる。

世界で初めての胚培養士と呼ばれる人は、イギリスのロバート・G・エドワーズ博士。
エドワーズ博士によって1978年に世界初の体外受精児であるルイーズ・ブラウンが誕生し、多くの不妊に悩む夫婦の希望となった。
エドワーズ博士はこの功績により2010年にノーベル生理学・医学賞が授与された。
日本国内では、東北大学で行われた体外受精によって1983年に初めて児が誕生し、各地で体外受精が実施されるにつれて、少しずつだが胚培養士の数も増えてきた。

不妊治療を行う施設は、全国各地に593施設(2014年時点、日本産婦人科学会の報告より)。
卵子学会が認定する生殖補助医療胚培養士は、2012年の時点で1006名(卵子学会、2013年の報告より) だが、資格を取っていない胚培養士もいるので、全国に推定で約2000~2500人くらいいるといわれている。
また、胚培養士の約8割は女性といわれている。

平均的な初任給は18万円~。
手に職がつく仕事のため、産休や育休後に復帰する人も多くいる。
また、働きながら大学で博士号を取得したり、生殖補助医療胚培養士の上位資格である生殖補助医療管理胚培養士を取得し、培養室長を目指す人もいる。

この職業解説ページは、「岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター」にサポートいただいて作成しています。岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター

この職業解説ページは、「岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター」にサポートいただいて作成しています。岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター

次はこんな職業も見てみよう!